神経症における不安、緊張、抑うつ症状の改善にアタラックス

アタラックスは、蕁麻疹が出たときのかゆみや皮膚病にかかった時のかゆみ、アレルギー症状が出たときのかゆみに用いられるお薬です。

抗ヒスタミン作用があるため、かゆみ止めとしてはよく効きます。

アタラックスはかゆみによく効くのですが、その作用時間も長く人によっては強い眠気がでることがあるので注意が必要です。

また、アタラックスは神経系のおける不安や緊張、抑うつの症状にも効果があるとされています。

なぜ、精神安定作用があるのかは、はっきりしていないようです。

ベンゾジアゼピン系の精神安定ザ剤より有利な点は、依存性がないことです。

依存性はありませんが、ベンゾジアゼピン系の安定剤と作用も注意事項も全くかわりません。

アタラックスを服用するときに注意しなければならないことは人によっては強い眠気が出ることがあるので、服用中は自動車の運転や危険を伴う機械類の操作は行わないようにしてください。

また、妊婦や妊娠している可能性のある女性は服用してはいけません。

赤ちゃんに授乳中の女性も服用できません。

服用する場合は、授乳を中止する必要があります。

副作用については、アナフィラキシー症状などの重大な副作用を除いてはいずれも軽いもののようですが、体調がいつもと違うと感じた時には主治医や薬剤師に相談しましょう。