ヒスタミンの作用を止めて蕁麻疹のなどの皮膚のかゆみを抑える薬アタラックス

アタラックスは主に蕁麻疹などの皮膚のかゆみに対して用いられる薬です。

ヒドロキシジンという有効成分を含みます。

皮膚のかゆみが生じる原因としては、ヒスタミンという物質が大きく関係しています。

蕁麻疹を起こすような食べ物を食べたりすると、体内でヒスタミンという物質が作られます。

このヒスタミンが皮膚に作用し、蕁麻疹やかゆみを引き起こすのです。

このアタラックスは、ヒスタミンの働きを止める効果があります。

具体的に言うと、ヒスタミンが作用するためには、ヒスタミンレセプターというものに結合することが必要なのですが、アタラックスはそのレセプターに先回りして結合することで、ヒスタミンが結合するのを邪魔します。

その結果、ヒスタミンがあっても作用することができなくなり、蕁麻疹やかゆみが治まるという仕組みです。

実はこのアタラックスには単にヒスタミンの作用を止めることだけではなくて、中枢神経の緊張を緩め、精神を落ち着かせる働きもあります。

ですので、この効果もかゆみによる緊張感、イライラ感を鎮めることに一役買っています。

副作用としては、あまり大きなものは少なく、使いやすい安全な薬ではありますが、精神を落ち着かせる作用が過度に発現する結果として、眠気などが起きることがあります。